競馬のあらまし

皆さんは競馬を見たことがありますか?テレビ中継は勿論、最近ではネットでも競馬を見ることができるので、それで競馬を見たことがある人がいるでしょう。勿論競馬場に行って生で競馬を見ることもできます。臨場感溢れる生の競馬に興奮した人もいることでしょう。
ここで改めて言うまでもないですが、競馬は競馬場で行われています。東京近辺で言えば東京競馬場の他、中山競馬場、府中競馬場あたりが有名でしょうか。京阪神地区なら阪神競馬場、京都競馬場。そのほかの地方で言えば、函館競馬場や中京競馬場、小倉競馬場といった競馬場なら競馬に詳しくない人たちでも一度は耳にしたことがあるでしょう。これら以外にも、地方に行けばたくさんの競馬場があります。
競馬が開催されるのは競馬場ですが、毎日開催されているわけではありません。また数頭の競走馬が参加して行われえる一つ一つの競走をレースと呼びます。一日の競馬開催で一つだけではなく、複数のレースが行われます。一つの競馬場で一日に開催されるレースの数は、中央競馬なら概ね10レース前後といったところでしょうか。
一つのレースには当然数頭の競走馬がレースに参加し、競います。レースに参加する馬の数はいろいろありますが、例えば中央競馬のGⅠレースだったら、16頭くらいの馬が参加するレースになることが多いようです。また言うまでもなくレースの勝敗はスピードによって決まります。つまりレースでは、一般に一頭の競争馬に各一人の騎手が騎乗し、決められた一定の距離を走ります。この距離は短いもので1000mか少し多い程度、長いものだと3000mを超える距離を走ります。そして反則が無く、正規に走って、ゴールに最も速く到達した競走馬が勝者となります。
以上紹介したのが日本で見られる最も一般的なレースの方式です。ですがこれ以外に例えばコース途中に設置された障害を飛越して着順を競う障害走と呼ばれるレースや、騎手が乗った車やそりを競走馬が引っ張って、スピードを競うといったレースもあります。
レースの勝敗はゴールへの着順で決定します。ここで競走馬がゴールに到達したときの判定方法が問題になりますが、競馬の場合、概ね競走馬の鼻が決勝線とも呼ばれるゴール線を通過した時点でゴールに到達したと判定されます。ですが例えば北海道にあるばんえい競馬では、馬が引っ張るそりの最後尾が決勝線を通過した時点で、その馬がゴールしたと判定されます。
また、例えば短距離の陸上競技等の場合、ゴール上での各選手の着順の差が、肉眼ではわからないほどの非常にわずかな差になることがあります。肉眼では判定できなかった場合、写真で選手のゴールへの着順が判定されます。競馬も同様です。数頭の馬がほぼ同時にゴールになだれ込んできて、着順の判定が非常に難しくなることがあります。この場合、陸上競技等と同じように写真判定が行われます。着順の判定が困難な場合、確認が必要な場合、或いはレース中に反則と思しき行為があった場合、レースが終了したあともすぐには着順を確定せず、審判団らにより審議が行われます。この際ゴール時点で撮影した写真を検討する等して、着順の確定に支障が無いと判断された時点で着順が確定し、決定します。

pickup

結婚相談 福岡
http://weddingbell.asia/
高崎市の建売を探す
http://www.beagle-one.com/
日付印の制作、販売
http://www.gomuinyokocho.com/
おいしいバナジウム天然水
http://www.watergate.jp/
金箔の老舗【かなざわカタニ.com】
http://www.k-katani.com/